食べやすさだけじゃない!味も重視される介護食品

迷った時にはおすすめ品を試してみよう!~介護食品の楽しみ方~

食べやすさだけじゃない!味も重視される介護食品

女性

入居者が思わずにっこりする介護食品の内容

介護食品は、介護が必要な人の栄養面をサポートするために欠かせないものです。とはいえこれまでの介護食品は「食べやすいこと」だけを重視して、「食べる人が笑顔になるような内容」になっていないものも多くありました。食べる人を喜ばせる介護食品とは、食べやすさだけではなく、味や見た目、香りにもきちんとこだわったものです。食べやすい工夫はしてあるものの、一般食と同じ見た目をしていれば、それだけで食欲をそそることもあるでしょう。また味のバリエーションが豊富なことも、大切なポイントです。毎日飽きずに食べられますから、介護する側にとっても楽になります。

迷ったらおすすめメニューからチョイスしよう

メニューの内容が豊富な介護食品を見ていると、選ぶ楽しみがある一方で、「いったいどれを選べば良いのかわからない」と迷ってしまうこともあるかもしれません。このようなときには、ぜひ「おすすめ」という表記がある介護食品を選択してみてください。ランキング上位の介護食品や、「おすすめ」の介護食品はこれまで多くの人から支持されている人気メニューであるということです。味や食べやすさにも定評がありますから、安心して注文できます。こうしたところからお気に入りのメニューを見つけ、食べやすい介護食品の種類を増やしていくといいです。

ミキサー食とソフト食の比較

ミキサー食は液体状になっています

食べ物をミキサーにかけ、ドロドロの液体状にしたものがミキサー食です。固形物を噛み、飲み込む能力が低下している人におすすめの形態です。

ソフト食は舌でつぶせる固さです

ソフト食は、野菜などをよく煮込んで、舌で簡単につぶせる程度の固さに調理したものを言います。ミキサー食よりも形がある分、誤嚥のリスクが低くなります。

広告募集中